たまりば

  テレビ・芸能 テレビ・芸能  その他 その他

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by たまりば運営事務局 at

スリーブアンテナの自作(作成編)

スリーブアンテナ自作の作成編です。




今回ここで説明する方法は、非常に大雑把な方法です。
短縮率や、調整等しち面倒くさいことを言うと、せっかく簡単に
実用的なアンテナを自作できるスリーブアンテナのメリットが
なくなってしまうためあえてそういう細かいことは言いません。

細かいことにこだわりたい方は、各種文献を参考にしながら心行くまで
Deepにお楽しみください。




まず大まかな流れです。
①外皮をむく
②網線を折り返す
③中心線をちょっと剥く
④コネクタをつける
という流れです。

説明中の各写真はクリックすると大きな写真が表示されるようになっています。



①外皮をむく



まずは同軸ケーブルの外皮を剥きます。

同軸ケーブルは

5C-FBの場合

中心から
 中心導(銅)線=>中心の絶縁体=>アルミ箔=>網線=>外皮
という、5重の構造になっています。

ここでは、カッター等で外皮だけに切れ目を入れて剥きます。
剥く長さは、端から15cmです。

端から15cm



画像ぐらいにカッターで浅く1周切れ目を入れます。
このぐらいの深さ



切れ目を入れてから折り曲げると、こんな感じで裂け目ができて剥けると思います。
裂け目ができないようならもう少しだけ切れ目を深くしましょう。
このとき中の網線に傷をつけないように注意しましょう。
裂け目を広げて


1周裂け目ができたら、今度はカッターの切れ目を縦に入れましょう
縦に切れ目を


こんな感じで外皮をむいていきます。
こんな感じで


剥き終わりです♪
剥き終わり



参考
15cmとなる理由
外皮を剥く長さは4分の1波長になります。
簡素化した式では 波長(m)=300/周波数(Mhz)
となります。

地デジの放送周波数をまあ大雑把に捉えると約500MHz近辺

そこで 300/500(MHz)=0.6(m)

さらに0.6*4分の1=0.15(m)=15(cm)となります。


②網線を折り返す



続いて先ほど剥いた外皮の下に隠れていた網線をまだ向いていない外皮の上にかぶせます。

まずはこんな感じにたるませて

たるます


そのまま下におろして外皮にかぶせます。
外皮にかぶせる


かぶせたらビニールテープを巻いていきましょう
テープを巻く


巻き終わったらこんな感じ
巻き終わり




③中心線をちょっと剥く



続いて、先ほどの同軸ケーブルの中身の
中心絶縁体とアルミ箔の部分を剥きます。
ここで必ず剥かなければいけないのは、アルミ箔の部分です。
絶縁体の部分は気休め程度とでもいいましょうか。
私が試した範囲ではここを剥く&剥かないでは受信レベルに大差はなかったです。

こんな感じにニッパーではさんで、ぐいっと引く

ニッパーでぐいっと


こんな感じに仕上がります。
仕上がりはこんな感じ


これで一応完成ですが、このままではTVに接続できないのでコネクタづけです。



④コネクタをつける



標準的なF型コネクタの加工・取り付け方法です。
先ほどと同様に、外皮に切れ目を入れます。だいたい3cmぐらい?

3cmぐらいで切れ目を入れ


同じようにして外皮を剥きます。
外皮を剥き


網線を同じように外皮にかぶせ、境目から1cmぐらいは網線を露出した状態で根元にテープを巻きます。
網線を戻し、テープ止め


網線が出ている部分に、リングを忘れずに通します。



外皮を剥いたのと同じ位置でアルミ箔を剥きます。
アルミ箔を剥く


根元から数ミリあけて、中心絶縁体を剥きます。
中心絶縁体を剥く


こんな感じにむけました。
剥けた


コネクタ本体をアルミ箔と、網線の間にぐりぐりねじ込んでいきます。
ねじ込む


ペンチや、プライヤでうりうりねじ込んでいきます。
このとき入っていく部分をしっかり工具で押さえないと入らないですよ。
コネクタをねじ込む


こんな感じで、中心絶縁体がコネクタの位置にきれいに収まったら差し込み終わり
差し込み終わり


リングを剥きだしの網線の上までずらします
リングを位置に


リングをプライヤーか、ラジオペンチで締めます。実際やってみるとわかりますがこういうときプライヤーは楽です。
普通のペンチでやる人もいます。
リングをしめる


中心導体をツライチか、ちょっと長いぐらいでニッパーで切って完成です。
中心導体を切る


これで完成です。



次回実用編へ続きます。
なお質問等はコメント欄に記入いただければ可能な限り応えていきます。
メールでの個別対応は一切しませんのであしからず

  


  • Posted by kiyo at 22:08Comments(0)アンテナ

    スリーブアンテナの自作(イントロ・準備編)

    スリーブアンテナの自作



    今回は以前書いたようにスリーブアンテナの自作について書いていきます。

    スリーブアンテナとは、詳しくは各種サイトに譲るとして、単純に言えば
    簡単に自作できる地デジ用アンテナ
    って感じです(笑)


    材料


    スリーブアンテナ材料



    ・同軸ケーブル 50cmぐらい 5CFBとかがお勧め 頭にSがついてもつかなくてもOKです
    ・F型コネクタ  TVなどとの接続用のコネクタ、L型のコネクタでもOK
    ・ビニールテープ 見た目等の処理に使います。



    この中で特殊なのは、同軸ケーブルと、コネクタですね。
    普通に電気屋や、日曜大工店に行けば購入できると思います。
    同軸ケーブルは、通常1m単位での量り売りが多いです。
    TV、ビデオのアンテナ接続にも使えますので余分に買っても良いかも。

    太さにより3C、5Cなどの種類がありますが加工のし易さから5Cがお勧めです。
    100均だと、3Cぐらいしか私は見つかりませんでした。
    電気屋でも1m200円あれば買えると思います。

    コネクタは、いろいろなタイプがあります。
    私が愛用しているのは、一番安いF型タイプ
    慣れるまで加工が大変ですが、慣れたら安くて最高です♪
    ピン付と、ピンなしがありますがピンなしのほうが加工が楽です。
    おまけに安いし^^;

    あと使用する同軸ケーブルに合わせ5C、4C,3C用とサイズがありますので間違えないようにご注意を!



    簡単に加工したいという人は、L型のコネクタがお勧めです。


    工具


    続いて加工につかう工具です。
    スリーブアンテナ工具



    ・定規        長さをはかるのに使います。cm単位がわかれば十分
    ・カッター      皮むき他
    ・ニッパー      皮むき&切断用
    ・ラジオペンチ   いろいろと
    ・プライヤー    F型コネクタの加工で使います



    ごく普通の工具類です。
    L型プラグを使う人は、他に+ドライバーが必要です。

    見慣れないのはプライヤーぐらいでしょうか?
    ラジオペンチでも代用可能ですが、持っていると加工が楽です。

    この辺は、100円ショップでも十分購入できる内容です。

    作成編へ  


  • Posted by kiyo at 14:56Comments(0)アンテナ